更新情報

下になる程、新しい更新です。 2009年の更新情報 2010年の更新情報 2011年の更新情報 2012年の更新情報 2013年の更新情報 2014年の更新情報 2015年の更新情報 2016年の更新情報 2017年の更新情報 2018年の更新情報 2019年の更新情報
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青き竜を求めて-青雷物語-

幻想水滸伝の『フリック』の幼年期から少年期に関する、オリジナルストーリーです。<幻水駄文小説>・<伝説の戦士>・<聖雷神シリウス>と話はリンクしています。 キャラクター設定 下になる程、新しくなっていきます。 <幼年期>編 <将来の夢> <不安> <初めての友達> <精霊祭> <少年期>編 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青き竜を求めてー幻水駄文小説-

『幻想水滸伝』のデュナン統一戦争の前後を描いた、フリックを中心としたオリジナルストーリーです。<青雷物語>・<伝説の戦士>・<聖雷神シリウス>と話はリンクしています。 キャラクター設定 下になる程、新しくなっていきます。 デュナン統一戦争前 <傷跡> <Saikai>『1』・『2』・『3』・『4』(完結) <一面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青き竜を求めて-伝説の戦士-

『幻想水滸伝』のデュナン統一戦争から約100年後のフリックを中心とした、オリジナルストーリーです。<幻水駄文小説>・<青雷物語>・<聖雷神シリウス>と話はリンクしています。 キャラクター設定 下になる程、新しくなっていきます。 <太陽暦560年以前> <ラスヴァー戦争>『1』・『2』・『3』・『4』・『5』・『6』・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2019年-

2019/1/24:<伝説の戦士・大きな背中(1)>、更新しました。 2019/3/14:<伝説の戦士・大きな背中(2)>、更新しました。 2019/5/16:<伝説の戦士・大きな背中(3)>、更新しました。 2019/7/15:<伝説の戦士・大きな背中(4)>、更新しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2018年-

2018/2/1:<幻水駄文小説・願わくは平穏の名の下に(1)>、更新しました。 2018/3/10:<幻水駄文小説・願わくは平穏の名の下に(2)>、更新しました。 2018/5/1:<幻水駄文小説・願わくは平穏の名の下に(3)>、更新しました。 2018/6/4:<幻水駄文小説・蟲毒(18禁)>、更新しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2017年ー

2017/1/10:<幻水駄文小説・今は前に進むために(2)>、更新しました。 2017/2/2:<幻水駄文小説・今は前に進むために(3)>、更新しました。 2017/2/19:<アンケート>、更新しました。 2017/3/10:<伝説の戦士・青い奥底>、更新しました。 2017/5/12:<幻水駄文小説・時の流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2016年-

2016/1/7:<幻水駄文小説・世界の扉を統べる王(1)>、更新しました。 2016/1/7:『冒険王ビィト~バスター&ヴァンデルの談話室~』、設置しました。 2016/2/21:<プロフィール>、修正しました。 2016/3/1:<幻水駄文小説・世界の扉を統べる王(2)、(3)>、更新しました。 2016/4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2015年-

2015/1/3:<幻水駄文小説・夢のために(4)>、更新しました。 2015/2/5:<幻水駄文小説・夢のために(5)、(6)>、更新しました。 2015/3/5:<幻水駄文小説・夢のために(7)、(8)>、更新しました。 2015/3/27:<頂きモノ 紫鈴様(09)>、更新しました。 2015/4/5:<幻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の戦士

<大きな背中 4> 父が俺に剣の道を歩ませたくなかった気持ち・・・ 俺にも分かったような気がする。 「・・・・・そうか。」 俺もまだ・・・進んでいないんだ。ちょっとでも目を離すとフリックは泣いてしまうから。 余程の事が無い限りフリックはダグラスがいなくなると寂しさの余りに泣いてしまうのである。 「難しいかと思いますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の戦士

<大きな背中 3> 俺は・・・ あいつを守りたい・・・・・。 「クソッ!血が止まらねぇ・・・。」 トーヴィックは応急処置としていつも持参している,戦時中では良く使用されるラグナエイドを使用するが,出血が止まりそうに無かった。 この地に再び平穏が訪れた今でも,トーヴィックは常に持ち歩いているのである。 「フリック・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の戦士

<大きな背中 2> まだ・・・ 俺は・・・・・・ 「珍しいな・・・。お前が俺の所に来るなんて。」 ゼルは何かと自分にライバル心を燃やしている,ダグラスが来るのが珍しくて言った。 「あ・ああ・・・。ちょっと聞きたい事があるんだが,聞いてくれるか?」 ダグラスは勧められた椅子に座るとゼルは向き直って座った。 「聞きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の戦士

<大きな背中 1> 追いかけても・・・ 追い付かない・・・・・ 「さっきから俺の事を見てどうした?フリック。」 ダグラスはさっきからジーっと見ている,フリックに言った。 「何でもない・・・。」 フリックはそう言うが,深い溜め息を吐いた。 「深い溜め息吐いて何でもないって無いだろう・・・?何か悩み事か?」 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青き竜を求めて-聖雷神シリウスー

『幻想水滸伝』の完全オリジナルストーリーで、フリックの出生に関するストーリーです。<幻水駄文小説>・<青雷物語>・<伝説の戦士>と話はリンクしています。 キャラクター設定 下になる程、新しくなっていきます。 <プロローグ> <聖雷神シリウス01> <聖雷神シリウス02> <聖雷神シリウス03> <聖雷神シリウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2013年-

2013/1/4:<幻水駄文小説>・戦いの後に3、更新しました。 2013/1/11:HP、改装工事しました。 2013/2/20:<プロフィール>、更新しました。 2013/3/2:<幻水駄文小説>・共に過ごす時間、更新しました。 2013/3/21:<頂きモノ 紫鈴様(07)>、更新しました。 2013…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『青き竜を求めて』 聖雷神シリウス設定

物語上,設定が変更になってしまう場合も有りますのでご了承お願いします。 また,管理人の私情等により物語が急速に進んでしまう場合も有ります。 名前:シリウス 性別:男性 年齢:不詳(外見18歳) 出身:不詳 身長:178cm 体重:65kg 血縁:フリック 趣味:読書 特技:雷と水の紋章を自由自在に使いこなす 紋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青き竜を求めて-リクエスト-

紫鈴様 『Valentine day 番外編(幻水駄文小説)』 紫鈴様 『かつての英雄(幻水駄文小説) 500ヒット』 『戻る』                                                              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RPGツクールVX 素材集

RPGツクールVXのゲームオーバーの素材集です。 ご利用の際は、掲示板及びメールフォームにて報告お願い致します。 また、ゲーム内の何処かに『青き竜を求めて』の文字を入れて下さい。 01・02・03・04
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新情報-2014年-

2014/1/4:駄文小説置き場<青雷物語・心に残る傷(8)>、更新しました。 2014/2/3:ハンター小説<短文小説 その1>、更新しました。 2014/3/1:駄文小説置き場<伝説の戦士・月のない夜(1)>、更新しました。 2014/4/4:駄文小説置き場<伝説の戦士・月のない夜(2)>、更新しました。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あとがき

駄文小説の『あとがき』を書いています。 尚、蒼樹 煉の独断と偏見で駄文小説の『あとがき』のみにしていますので、ご了承お願い致します。 <Schwert tanzen>(幻水駄文小説) <ナチュアルト戦争>(伝説の戦士)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻水駄文小説

<灯を守るために 4> 今は・・・ 前に向いていくしかないから・・・・・ 「よしよし・・・いい子だ。」 ダグラスは昨日と薬師から渡された,薬を湧き水に混ぜながらフリックにゆっくりと飲ましていた。 「にいさま・・・」 フリックは小さく言った。 「どうした?フリック。」 「もう・・・どこにも行かないで・・・。ボク・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻水駄文小説

<灯を守るために 3> 大丈夫・・・ 強いから・・・大丈夫・・・・・・ 「今の時間帯だけしか摂れない水・・・か。確かに噂通りだな。」 ダグラスは朝一の時間帯に湧き水を汲みに水を見て言うと,急いで宿の方へと戻った。 「にいさま・・・どう・・・して?」 ダグラスにされるままに支えられながら,少しだけ起き上がりつつフリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻水駄文小説

<灯を守るために 2> 命を守るために・・・・・ その命を消さないために・・・・・ 「・・・・・随分と軽くなってたんだな」 ビクトールは今は薬が効いて吐血が治まりながら静かに眠っている,フリックを抱き上げるが,普段からロクに食事を摂らないものの,今回ばかりは一週間も栄養剤の一錠以外は何も口にしていない事からかなり痩せてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more